人気のFXで儲けを狙う前の心がけ

FXっていう言葉をここ最近目にすることが多くなったと思いませんか?
投資に興味があって、自分でもはじめているような人はFXについて改めて解説する必要もないと思いますが、「何がなんだかさっぱり分からない…」という人もいることでしょう。
投資なんてお金がある人のやることで、自分には関係ないと考えている人はFXそのものに興味すら沸きませんからね。
でも、沢山お金を持っていない人でもFXの詳細を知ると興味を惹かれるものですし、逆に言えば手持ち資金が少ないからこそ投資にはFXをお勧めしたいのです。

どういうことかというと、FXは小額で始められる投資なのです。
正式には外国為替証拠金取引といい、外貨を売り買いして利益を出すシステムになっています。
しかも証拠金取引ということなので、詳しくはまだ説明しませんが小額から取引を始められるのです。
そうしたメリットが沢山あるので、今FXはかなりのブームになっており、FXを業務として扱う会社も増えてきました。
そもそも外貨取引はこうした企業がインターバンク内で行っていたのですが、1998年に規制緩和され、個人でも取引が可能になり、結果としてFXが盛んになっていったのです。
FXを始める上でFX業者選びは非常に大切です。
というのはFX業者に証拠金を預けますから、業者の経営体質が良くないと倒産して証拠金がなくなるリスクがあるからです。
ただ、最近は証拠金保全スキームが確立されているので、そこまで心配する必要はないようですが。
FXの業者を選ぶときにはFX比較 HOTFXというサイトが便利で使いやすいでしょう。
FXを始めると、世界の経済に敏感になり、ニュースなどもきちんとチェックするようになります。
世界の出来事に連動して外貨の価値が変わっていくからです。
その「アンテナ」次第で儲けることもできれば損を出すこともあるからです。
プロの投資家でも100%相場を読みきることは出来ないのですが、初心者でもある程度の予測は立てることができ、これがFXの面白さ、奥深さになっています。

投資との上手な付き合い方

株式投資でも先物投資でもそうですが、投資にはそれぞれ「上手な付き合い方」というものがあります。
つまり、これを外してしまうと大変なことになる…というポイントです。
プロの投資家は当たり前ですがこのポイントを抑えていますし、だからこそプロとしてトレードが出来るわけです。
でも、FXには投資初心者が沢山参入しているので、「イロハのイ」の部分が欠落しているトレーダーも多く見かけます。
そして必ず失敗しますが、それをFXのシステムのせいにして「絶対やらないほうがいい」などとブログに書き込んだりするのです。
しかし、FXは主に二つのポイントを抑えておけばそう大きく失敗することはありません。
一つは「レバレッジを上げすぎない」ということです。
小額でも取引が出来るように設けられているレバレッジの取り決めですが、過度にレバレッジを上げてしまうと損失リスクが急激に高くなります。
欲の皮を突っ張らせずに、低レバレッジでも取引できる程度の資金を用意してから取引に臨むようにしましょう。
もう一つは「損切りを躊躇わない」ということです。
外貨を買ったものの、予想と違う相場になった…というのはプロでも良くあること。
それを「持ち直すかも」と淡い期待を抱いて放置してしまうのは初心者です。
放置すると取り返しがつかないくらいの損失を抱えてしまうこともありますので、リミットを決めて損失確定するのが正しいやり方です。
そうしないと、含み損がさらに大きくなり、ストップロスによって損確することになりかねません。
ストップロスとは業者側で行う損確のことで、顧客の証拠金を守るためのシステムです。
しかしストップロスがかかるということは、外部から見たら非常に危険な取引をしているということになります。
そうなる前に自分で損失確定するのが円熟したトレーダーです。
この二つのポイントを押さえておけば、FXとうまく付き合っていることになるでしょう。