できるなら1人のセフレと長く付き合いたい

中高年の恋愛サイトなどがあるおかげで、昔よりもセフレが作りやすくなったことは間違いありません。
ただ、それでも相手を見つけるまでに結構な時間を要することもありますし、関係を結ぶまでに一苦労を要することも多いでしょう。
なので、できることなら1人のセフレと長く付き合えた方が、また新しく探す手間をかけずに済むので、それが理想的かもしれません。
とは言え、割り切った関係なので長く続けようと思ったら、色々と工夫をしなければなりません。
例えば、マンネリを感じないよう違うエッチをしてみたり、いつもとは変わったプレイをやってみたりするなど、飽きないセックスをやることが大事なのです。
自分のためだけでなく、相手にも満足してもらわないとダメなので、そういった試行錯誤が必要なわけです。
また、適度にコミュニケーションを取ったりして、良い関係を持続できるよう努めていくようにしましょう。
そうすることで、相手も長く付き合いたいという気持ちになるのです。
ただ、相性が全く合わない相手と無理に関係を続けても、満足できないどころか余計にストレスを溜めかねないので、ダメな時は潔く別れることも大事になってきます。

ダメな時は諦めて切り替えることも大事

セフレという関係は、物凄く相性がマッチすることもあれば、全く合わないパターンもあるでしょう。
もちろん、後者の場合でもすぐに諦めずに何度かセックスをしたり、色々と工夫をしてみることも重要ではあります。
ただ、それでも一向に改善が見られないような時は、その際は諦めて切り替えることも大事だと言えます。
無理に付き合いを続けても、自分にとっても相手にとってもマイナスにしかなりませんし、性欲解消どころか疲れとストレスが溜まるだけなのです。
確かに、また新しいセフレを探す手間を考えると、粘り続けたい気持ちも分かります。
でも、今は中高年の恋愛系という便利なサイトがあるわけですから、それを活用すればそこまで労せずに新しいパートナーを探せるのです。
それを考えれば、必要以上に無理をするよりも、次に切り替えた方がいいわけです。
これが真面目な中高年の恋愛を目的としているケースなら、ギリギリまで粘り続けるべきですが、セフレのような割り切り目的であれば、そこまで粘らなくてもいいのです。
ただでさえ時間の方も限られているわけですし、少しでも充実したセックスをするためには、相手の取捨選択は大事な要素となるのです。