ラブホテル 登録なし セフレ掲示板! sexテレクラ岡山 無料 テレフォン 登録不要 とっきー

D(ホステス)「高級なバッグとか欲しがったらけっこういけませんか?あたしも、数人別々に同様の誕生日プレゼントお願いして1個だけもらっていてあとは質屋に流す」
筆者「マジですか?もらい物なのに買取にだすんですか?」
D(キャバクラで働く)「そんな騒ぐことかな?皆も売却しますよね?残しておいても邪魔になるだけだし、季節で売れる色味とかもあるので、バンバン使われたほうがバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、学生)言いにくいんですが、わたしなんですが、プレゼントをお金に換える派です」
C(銀座サロン受付)「ライブチャットを通じて何人も使い方知りませんでした…私は一回もプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんって、ライブチャットに登録してから、どのような異性が絡んできたんですか?」
C「高級品を送ってくれることすらないです。どの人もいつもは女の人と縁がないんだろうなって雰囲気で、デートとかはどうでもいいんです。わたしはっていえば、ライブチャットなんて使っていても彼氏が欲しくてやり取りをしていたのに体だけ求められても困りますね」
筆者「ライブチャットではどんな異性と出会いたいんですか?
C「何言ってるんだって思われそうですけど、お医者さんとか弁護士の方とか国立大学に在学中の優秀な男性がいいです。
E(国立大に在籍)わたしはというと、国立って今通ってますけど、ライブチャットの中にもエリートがまざっています。ただ、おすすめする相手でもない。」
ライブチャットを見ると、オタクについて抵抗を感じる女性がどういうわけか少なからずいるようです。
オタクの文化が大分浸透してきたとように思われる日本ですが、今でも身近な存在としての受入れがたいもののようです。

関連記事